Q&A

【法要について】法要の一般的な流れを教えてください。

礼拝堂での読経→お墓参り→ご会食という流れが多いようです。お客様のご都合によっては上記の順番を逆にしたり、「お墓参りとご会食」、「礼拝堂とお墓参り」という流れで執り行われるお客様もいらっしゃいます。ご法要の際には、遺影や、位牌等の戒名や法名のわかるものをご持参ください。

2016年11月25日

【法要について】納骨の際、服装や持ち物はどうしたら良いのでしょうか?

納骨は遺族、身内だけで行われることが多いため、ごく内輪であれば喪服ではなく地味な服装で参列される方が多いようです。法事と同じ日に執り行われる場合は、法事に準じた服装で参列されている方が多いようです。決まりはありませんので、親族内で良く話し合ってご参列ください。なお、持ち物に関しては、線香・ローソク・供花・供物・さらしの袋ならびに『白木の位牌』がある方は必ずご持参ください。なお、礼拝堂をご利用のお客様は『遺影』や『位牌、過去帳』も必要となります。

2016年11月25日

【霊園について】春先に納骨を予定しておりますが、雪解け時期はいつですか?

冬期間でも幹線道路の除雪を行っておりますので、お墓の近くまでお車でのアクセスが可能ですが、真駒内滝野霊園は市内中心部より少し気温が低く、園路の雪解けは例年4月下旬頃です。納骨は完全に雪が解けたゴールデンウィークや桜などの開花に合わせて執り行う方も多いようです。

2016年11月25日

【お墓について】墓石に刻むデザインに決まりはありますか?

従来の考え方では、「○○家之墓」あるいはお題目が刻まれるのが一般的でしたが、最近では、「愛」「夢」また「悠久」「永眠」「希望」など故人の好きだった文字などを自由に刻む傾向が少しづつ強まってきています。また、墓石の裏面に戒名を刻む場合は古い仏様の順に刻むのが一般的です。刻む文字については、石材店に希望を伝えてよく相談してみることをお勧めします。

2016年11月25日

【お墓について】お墓を継いだり、納骨するのに決まりはあるのでしょうか?

家族や血縁者ならば、一緒のお墓に入る事が可能です(親族間で協議してください)。また、お墓を承継する場合は、慣習に従って長男が継ぐケースが多数でしたが、近年では兄弟姉妹の話し合いで決定する事が多くなりました。
※承継や納骨は親族協議の後、滝野霊園へ所定の手続きを行っていただきます。なお、真駒内滝野霊園では、個人・夫婦・親族で利用可能な供養墓、犬や猫などのペットと共に埋蔵可能なWith Family など様々なニーズに対応可能です。

2016年11月25日

【お墓について】墓所使用料とはどんな料金なのですか?

墓所使用料とは、お墓を建てる土地(墓所)を使用する権利料のことです。この権利は、使用権であり所有権ではありませんので、土地や家などのように、権利を他人に売ったり貸したりはできません。
※墓所使用料とは一般的に代が続く限りの永い期間という意味で永代使用料とも呼ばれています。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】合同供養祭について教えてください。

毎年7月の第2日曜日、ふる里霊廟合同供養祭を開催しています。当日は、ふる里霊廟供養室、安置室の一部を開放し、ご焼香・お参りができます。ただし、それぞれ安置されている個々のお骨の前でのお参りや、埋蔵室に立ち入ることはできません。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】檀家のお寺がないけど読経してもらいたいのですが?

檀家のお寺がない場合に限り、滝野霊園で僧侶手配の代行を承ります。お客様と僧侶のご都合を確認のうえ、日時のご予約をいたします。ご予約の日時に、ふる里霊廟合同祭壇で僧侶と待ち合わせ、お参りしてください。
また、僧侶手配代行料2,160円(税込)を、お参りの前に管理事務所窓口か振込でお支払いください。お布施は、霊園手配の場合であれば7,000~10,000円を目安にお布施袋に包み、お参り後に僧侶に直接お渡しください。
なお、当日のキャンセルや時間変更は承れません。
また、合同祭壇は皆様がお参りする場所のため、他のお客様のお参りと重なることもございます。ご了承ください。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】檀家のお寺にお願いしてお参りしたいのですが?

開門時間内であれば、ふる里霊廟合同祭壇でお客様の檀家の僧侶同行でお参りしていただいて結構です。ご予約は不要ですが、土曜・日曜や祝日、お盆・彼岸期間中はお参りの方が多いので、ご留意ください。
また、合同祭壇は皆様がお参りする場所のため、他のお客様のお参りと重なることもございます。ご了承ください。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】僧侶の読経があると聞きましたが?

年末年始、お盆・彼岸期間を除いて、毎週土曜・日曜と祝日の朝9時より、ふる里霊廟供養室にて僧侶の読経がございます。その際、備え付けの用紙に故人の氏名や戒名などをご記入いただければ、僧侶に読み上げていただくこともできます。

浄土真宗西(本願寺派)・東(大谷派)、浄土宗、曹洞宗、真言宗、日蓮宗の主な在来仏教6宗派もちまわりで読経をお願いしています。彼岸・お盆の合同読経は、上記6宗派合同で読経を行っています。
どの宗派の僧侶がいつ読経するかは、僧侶の都合により変更になることがあるのでお伝えいたしかねます。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】お花や供物、線香やローソクをお供えできますか?

お花は、ふる里霊廟合同祭壇の花立に供えてください。供物も合同祭壇に供えていただいて結構ですが、お参り後は必ずお持ち帰りください。近年、合同祭壇に置き忘れた供物を野生動物が荒らす被害が頻発しています。

線香は、ふる里霊廟合同祭壇の香炉にあげてください。ローソクは、合同祭壇の向かって右側にローソクを灯す設備があります。
線香・ローソクは、ふる里霊廟に備え付けのものがありますが、ご使用の際は寸志のご協力をお願いします。また、お客様ご自身でお持ちいただいても結構です。
※冬期間、ローソク台は使用できません。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】納骨後のお参りはできますか?

ふる里霊廟正面の合同祭壇で、開門時間内であれば、いつでもご自由にお参りいただけます(夏期:8:30~17:00 冬期9:00~15:30)。また、土・日・祝日の朝9時の読経の際は、お時間までにふる里霊廟に直接お越しいただければ、僧侶の読経に立会うことができます。それ以外の時間帯での霊廟建物内でのお参りは、保安上の理由によりご遠慮いただいております。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】お骨を預けた後はどのように供養されるのですか?

お骨預かり後、霊園職員がふる里霊廟に納骨します。この時点で、通常のお墓に納骨したのと同じです。最初の100日間は供養室に、その後3年間は安置室にお預かりしたお骨を安置します。埋蔵期限が過ぎたら、合葬します。 毎週、土日・祝日の朝9時より供養室で各宗派もちまわりで読経しております。このとき、お骨がどの部屋にあるか、合葬されているかにかかわらず参列していただけます。
また、春・秋彼岸とお盆の霊園特別体制期間中、合同祭壇で11時より合同読経を行っており、ご自由に参列していただけます。

2016年11月25日

【ふる里霊廟】申込み前に見学したいのですが?

当霊園は365日開園しておりますので、いつでもご見学いただけます(管理事務所 窓口営業時間:9:00~16:00)。ふる里霊廟の建物内部は一切立ち入りができませんので、外観のみご自由にご見学ください(ふる里霊廟開門時間参照)。
また、札幌市営地下鉄真駒内駅前バスレーン③番乗場より墓参バスを運行しておりますので、ぜひご利用ください。
※ふる里霊廟は墓参バス 真駒内滝野霊園内バス停『八角堂前』下車で徒歩2分です。

2016年11月24日

【ふる里霊廟】位牌札が見つからないのですが?

位牌札の右下に日付が記されていますので、お骨預かり翌日の日付でお探しください。各年の最初に、白地に赤文字の年を記した札がありますので目印にしてください。前年末までに合葬した位牌札は毎年7月上旬頃に銘板へ移行します。

2016年11月24日