合葬墓ふる里霊廟


真駒内滝野霊園が、お客様に代わって管理・供養する合葬墓『ふる里霊廟』。
生前にお申込みいただくだけで、誰にも迷惑をかけずに、その時を迎えることができる新しい死後の選択、『ふる里霊廟』。
お骨をお持ちの方もご利用いただけます。

合葬墓使用料一式 お一人様 118,800円(税込)

ふる里霊廟の料金には、合葬墓使用料、供養料、管理料、位牌札掲示料、登録手続料の全てが含まれており、そのほかの費用は一切かかりません。
ふる里霊廟は、後継者のいない方でも安心してご利用いただけるよう、お申込み手続き終了後の年会費や寄付などといったご負担はありません。公益社団法人が経営する真駒内滝野霊園だからこそできる、安心の価格設定です。
※生前でお申込みの場合はお一人様あたり、お骨でのお申込みの場合は、仏様一体あたりの金額です。

供養の流れ

納骨後100日間、供養室に安置します。読経は土日祝(年末年始、お盆、彼岸期間除く)に行われます。

その後、骨壺のままで3年間安置します。

「108体地蔵」と北の星座「北斗七星・北極星」と共に合葬します。

ふる里霊廟に納骨されている方のお名前を、位牌に見立てた札(位牌札)に記し、中庭に掲示いたします。

充実の施設と供養のふる里霊廟は、滝野霊園が主体となり供養を行います。春・秋のお彼岸、8月のお盆の期間中には各宗派持ち回りで合同読経が行われます。毎年7月の第2日曜日には「ふる里霊廟合同供養祭」を行います。

ふる里霊廟のお申込みから
お骨預かりについて

郵送でのお申込み

資料請求フォームから、パンフレットと申込書類などが一式になった資料を取り寄せることができます。お申込みの際は資料に同封されている「真駒内滝野霊園合葬墓ふる里霊廟使用申込書」に記入・押印し、真駒内滝野霊園までご返送ください。後日、霊園から使用料のお支払い案内とともに振込依頼書を送付いたしますので、使用料をお振込みください。

窓口でのお申込み

真駒内滝野霊園にご来園のうえ、窓口で「真駒内滝野霊園 合葬墓ふる里霊廟使用申込書」に記入・押印したものをご提出ください。なお、申込書の内容を当霊園で確認してから使用料のお支払い案内をします。よって、使用料は後日 金融機関でお振込みください。

「供養墓 使用証明証」とお骨預りについて

交付条件が揃い次第、30日以内に「供養墓 使用証明証」を交付し、申込者の方に郵送します。
※生前の使用者の方には、「供養墓 使用証明証」とともに「供養墓 生前使用者証明証」を交付します。納骨のため、ふる里霊廟のお申込みされた方は、供養墓 使用証明証がお手元に届いてからお骨預かりの日にちを予約してください。
※礼拝堂・管理事務所 お骨預かり受付時間:10~15時
※年末年始、春・秋彼岸、お盆期間特別体制中はお骨預かりをお受けしておりません。
※さいごのお別れのお参りを礼拝堂で実施することもできます。料金は30分5,400円~60分10,800円(税込)となります。僧侶の手配代行や供物・供花のセットも別途承っております。予約制となっておりますので、ご希望の場合は事前にお電話ください。

お骨預かり時に必要な書類

1.お骨(のど仏があれば併せてご持参ください)
2.火葬許可書(証)(火葬場で発行され、お骨箱の中に入っています)もしくは改葬許可書(証)
3.「供養墓 使用証明証」
4.お骨をご持参される方の認印

※火葬許可書(証)もしくは改葬許可書(証)がない場合は、法律上(墓地、埋葬等に関する法律)ふる里霊廟に納骨することができませんのでご注意ください。
※改葬の手続き方法
①現在のお墓(納骨堂)管理者へ【埋蔵(収蔵)証明書】の発行を申請
②真駒内滝野霊園へ【受入証明書】の発行を申請
③現在のお墓(納骨堂)を所管する市区町村役場へ【埋蔵(収蔵)証明書】と【受入証明書】をそえて改葬許可の申請をし、【改葬許可証】を発行してもらう
④真駒内滝野霊園へ【改葬許可証】とその他必要書類を提出する

お骨預かり(納骨) - 生前でのお申込みの方がお亡くなりになった場合

霊園への事前連絡

生前でのお申込みをされている方がお亡くなりになった場合、お骨預かりの日時を決めてから、真駒内滝野霊園までご連絡ください。納骨は、一般的には49日を過ぎてから行う方が多いですが、ご遺族の方のご都合にあわせて前後しても問題はありません。

※礼拝堂・管理事務所 お骨預かり受付時間:10~15時
※年末年始、春・秋彼岸、お盆期間特別体制中はお骨預かりをお受けしておりません。
※さいごのお別れのお参りを 礼拝堂で実施 することもできます。料金は30分5,400円~60分10,800円(税込)となります。僧侶の手配代行や供物・供花のセットも別途承っております。予約制となっておりますので、ご希望の場合は事前にお電話ください。

お骨預かり時に必要な書類

1.お骨(のど仏があれば併せてご持参ください)
2.火葬許可書(証)(火葬場で発行され、お骨箱の中に入っています)
3.供養墓 使用証明証および供養墓 生前使用者証明証
4.お骨をご持参される方の認印

※火葬許可書(証)がない場合は、法律上(墓地、埋葬等に関する法律)ふる里霊廟に納骨することができませんのでご注意ください。お骨箱に火葬許可書(証)が見あたらない場合、ご遺体を火葬した火葬場や市町村役場に「火葬証明書(証)の再発行」についてお問合せください。

北の大地北海道から、真駒内滝野霊園がこれからの新しい供養の形をご提案します。


真駒内滝野霊園が、お客様に代わって管理・供養する合葬墓
『ふる里霊廟』。
生前にお申込みいただくだけで、誰にも迷惑をかけずに、その時を迎えることができる新しい死後の選択、『ふる里霊廟』。
お骨をお持ちの方もご利用いただけます。

合葬墓使用料一式 お一人様 118,800円(税込)


使用料について

ふる里霊廟の料金には、合葬墓使用料、供養料、管理料、位牌札掲示料、登録手続料の全てが含まれており、そのほかの費用は一切かかりません。
ふる里霊廟は、後継者のいない方でも安心してご利用いただけるよう、お申込み手続き終了後の年会費や寄付などといったご負担はありません。公益社団法人が経営する真駒内滝野霊園だからこそできる、安心の価格設定です。

※生前でお申込みの場合はお一人様あたり、お骨でのお申込みの場合は、仏様一体あたりの金額です。

供養の流れ【1. 供養室】

お骨は御簾がかけられた安置棚に安置し、100日間安置します。 土曜・日曜・祝日の9:00より、読経が行われる際に直接 供養室までお越しいただければ読経の立会いが可能です。
朝の読経時間帯以外は、供養室は保安上の理由により、一般の方は立ち入ることができません。

※読経時間やスケジュールは都合により変更になる場合があります。
※混雑時にはお断りすることもございます。
※年末年始、春・秋彼岸、お盆期間特別体制中は休止いたします。

供養の流れ【2. 安置室】

お骨は、安置室の安置棚に3年間安置されます。

※安置室は保安上の理由により、一般の方の立ち入りは一切できません。
※毎年7月の第2日曜日、ふる里霊廟合同供養祭を開催しています。当日は、供養室、安置室の一部を開放し、ご焼香・お参りができます。
ただし、それぞれ安置されている個々のお骨の前でのお参りや、埋蔵室に立ち入ることはできません。


供養の流れ【3. 埋蔵室】

お骨は埋蔵室の合同カロートに合葬されます。
埋蔵室に設置された「108体地蔵」と北の星座「北斗七星・北極星」に見守られ、永遠の眠りが約束されます。
ふる里霊廟は皆様のお骨を合葬いたしますので、一度納骨したお骨は返還することができません。あらかじめご了承ください。

※埋蔵室は保安上の理由により、一般の方の立ち入りは一切できません。



供養の流れ【4. 位牌札(いはいふだ)の掲示】

ふる里霊廟に納骨されている方のお名前を、位牌に見立てた札(位牌札)に記し、中庭に掲示いたします。
掲示するお名前は、俗名(本名)、戒名(法名・法号)のいずれかから選んでいただけます。
また、掲示しないという選択もできます。

位牌札は、納骨後1週間程度で中庭に掲示します。
※順序は納骨日順となります(掲示場所の指定はできません)。
※位牌札は、お骨が埋蔵室で合葬されるまではこの形態で掲示しますが、合葬後は順次外して、銘板にお名前を記し掲示します。

ふる里霊廟の概要
宗教は自由です
宗教・宗旨、宗派を問わず、どなたでもご利用いただけます。
後継者のいない方におすすめです
ふる里霊廟は、お墓を建てても将来無縁になってしまうおそれのある方、まわりにお墓のことで負担をかけたくない方などに特におすすめいたします。
充実の施設と供養
充実の施設と供養のふる里霊廟は、滝野霊園が主体となり供養を行います。春・秋のお彼岸、8月のお盆の期間中には各宗派持ち回りで合同読経が行われます。毎年7月の第2日曜日には「ふる里霊廟合同供養祭」を行います。
年会費・寄付などがありません
ふる里霊廟は、お申込み時にお支払いいただいた合葬墓使用料の他には、追加費用は一切かかりません。お墓を継ぐ方がいらっしゃらない方でも、安心してご利用いただけるシステムになっています。
生前・お骨申込どちらでも
生前にお申込みすることも、またすでにお骨をお持ちの方でも、どなたでもご利用いただけます。
遠方の方でも安心です
遠方にお住まいで、ふる里霊廟までご自分でお骨をお持ちいただけない場合、真駒内滝野霊園までご相談ください。
▲合同読経の様子


▲ふる里霊廟 合同供養祭の様子(毎年7月第2日曜日に実施)

ふる里霊廟のお申込みからお骨預かりについて

郵送でのお申込み
資料請求フォームから、パンフレットと申込書類などが一式になった資料を取り寄せることができます。
お申込みの際は資料に同封されている「真駒内滝野霊園 合葬墓ふる里霊廟使用申込書」に記入・押印し、真駒内滝野霊園までご返送ください。
後日、霊園から使用料のお支払い案内とともに振込依頼書を送付いたしますので、使用料をお振込みください。
窓口でのお申込み
真駒内滝野霊園にご来園のうえ、窓口で「真駒内滝野霊園 合葬墓ふる里霊廟使用申込書」に記入・押印したものをご提出ください。なお、申込書の内容を当霊園で確認してから使用料支払いのご案内をします。よって、使用料は後日 金融機関でお振込みください。
「供養墓 使用証明証」とお骨預かりについて
交付条件が揃い次第、30日以内に「供養墓 使用証明証」を交付し、申込者の方に郵送します。
※生前の使用者の方には、「供養墓 使用証明証」とともに「供養墓 生前使用者証明証」を交付します。

お骨預かりは、供養墓 使用証明証がお手元に届いてから日時のご予約をしてください。
※礼拝堂・管理事務所 お骨預かり受付時間:10~15時
※年末年始、春・秋彼岸、お盆期間特別体制中はお骨預かりをお受けしておりません。
※さいごのお別れのお参りを礼拝堂で実施 することもできます。料金は30分5,400円~60分10,800円(税込)となります。僧侶の手配代行や供物・供花のセットも別途承っております。予約制となっておりますので、ご希望の場合は事前にお電話ください。
お骨預かり時に必要な書類
1.お骨(のど仏があれば併せてご持参ください)
2.火葬許可書(証)(火葬場で発行され、お骨箱の中に入っています)もしくは改葬許可書(証)
3.「供養墓 使用証明証」
4.お骨をご持参される方の認印

※火葬許可書(証)もしくは改葬許可書(証)がない場合は、法律上(墓地、埋葬等に関する法律)ふる里霊廟に納骨することができませんのでご注意ください。
※改葬の手続き方法
①現在のお墓(納骨堂)管理者へ【埋蔵(収蔵)証明書】の発行を申請
②真駒内滝野霊園へ【受入証明書】の発行を申請
③現在のお墓(納骨堂)を所管する市区町村役場へ【埋蔵(収蔵)証明書】と【受入証明書】をそえて改葬許可の申請をし、【改葬許可証】を発行してもらう
④真駒内滝野霊園へ【改葬許可証】とその他必要書類を提出する

お骨預かり(納骨) - 生前でのお申込みの方がお亡くなりになった場合

霊園への事前連絡
生前でのお申込みをされている方がお亡くなりになった場合、お骨預かりの日時を決めてから、真駒内滝野霊園までご連絡ください。
納骨は、一般的には49日を過ぎてから行う方が多いですが、ご遺族の方のご都合にあわせて前後しても問題はありません。
※礼拝堂・管理事務所 お骨預かり受付時間:10~15時
※年末年始、春・秋彼岸、お盆期間特別体制中はお骨預かりをお受けしておりません。
※さいごのお別れのお参りを礼拝堂で実施 することもできます。料金は30分5,400円~60分10,800円(税込)となります。僧侶の手配代行や供物・供花のセットも別途承っております。予約制となっておりますので、ご希望の場合は事前にお電話ください。
お骨預かり時に必要な書類
1.お骨(のど仏があれば一緒に)
2.火葬許可書(証)(火葬場で発行され、お骨箱の中に入っています)
3.供養墓 使用証明証および供養墓 生前使用者証明証
4.お骨をご持参される方の認印

※火葬許可書(証)がない場合は、法律上(墓地、埋葬等に関する法律)ふる里霊廟に納骨することができませんのでご注意ください。お骨箱に火葬許可書(証)が見あたらない場合、ご遺体を火葬した火葬場や市町村役場に「火葬証明書(証)の再発行」についてお問合せください。
開門時間
夏期(4月1日~10月31日) 8:30~17:00
冬期(11月1日~3月31日) 9:00~15:30
開門時間
夏期(4月1日~10月31日) 8:30~17:00
冬期(11月1日~3月31日) 9:00~15:30
おひとりさま用 供養付ガーデン葬について

ラベンダーやバラの花々に囲まれた、供養墓が誕生しました。埋蔵するスペース(カロート)は合葬式ではなく、個別埋蔵式になっており、おひとりさま用のお墓として霊園が大切に管理・供養します。

ガーデン葬 つどい使用料 お一人 35万円(税込)

承継者がいないご夫婦、血縁関係に関わらず、友人、サークル仲間など墓友の皆様でも隣合せでお申込みいただけます。
墓標(プレート)には好きな言葉や名前を刻み、生きた証を残すことができます。おひとりさま用のお墓として生前申込も承りますので、ふる里霊廟をご検討中のお客様はこちらもご参照ください。

ラベンダーやバラの花々に囲まれた、供養墓が誕生しました。埋蔵するスペース(カロート)は合葬式ではなく、個別埋蔵式になっており、おひとりさま用のお墓として霊園が大切に管理・供養します。

ガーデン葬 つどい使用料
お一人 35万円(税込)

承継者がいないご夫婦、血縁関係に関わらず、友人、サークル仲間など墓友の皆様でも隣合せでお申込みいただけます。墓標(プレート)には好きな言葉や名前を刻み、生きた証を残すことができます。おひとりさま用のお墓として生前申込も承りますので、ふる里霊廟をご検討中のお客様はこちらもご参照ください。